MENU

東大阪で好条件求人をみつけるには

初めまして。東大阪市で調剤薬局に勤めている前田です。(*^-^*)
東大阪市、近鉄奈良線や近鉄東大阪線で転職考えている薬剤師の方の参考になればいいなと思い、このサイトを作成しました。

 

私は高校が石切で、大学も近薬(近大薬学部)なんで、もうず〜っと東大阪暮らしです。
私にとっては、東大阪はすごく混沌とした下町で大好きなんですが、他の地域の方からするとちょっとディープな感じのところかもです。JR環状線の鶴橋駅で電車を降りて、近鉄線に乗り換えるときにホーム漂う焼肉の匂いを嗅ぐと、「あ〜、帰ってきた〜。落ち着く〜、癒される〜」って感じです。(≧∀≦)

 

近薬の同級生も東大阪出身の子が多いので、これからもずっと東大阪で暮らしたいですね。
東大阪以外のところに住んでいて、今回はじめて東大阪で薬剤師求人を探していらっしゃる方がいれば、安心してください!東大阪は基本的にいいところですよ!(笑)

 

なせ転職しようと思ったのか?

 

私が転職を考えた理由を少しお話します。一言で言うと残業の多さでした。

 

残業ってしんどいですよね。できれば残業せずに定時で帰りたい、薬歴を業務時間内に書きたいのに、薬局全体がそういう雰囲気じゃないことって結構ありますよね。(;´・ω・)で、休日返上で薬歴だけ消化しに行く。

 

そんな日々を送っている方!少なからずそういう境遇におかれている方がこのサイトを見ているのではないかなーと思います。私も以前はサービス残業、休日返上で薬歴消化に追われていた一人です。(;^ω^)

 

薬剤師 求人 東大阪市 スタバ

私は新卒採用で大手チェーンのアインファーマシーズで働いていました。転職後、今は東大阪市にある総合病院門前の個人経営の薬局で勤務しています。残業なしの定時退勤です。

 

ストレスが溜まったときは、薬局の最寄り駅の荒本駅すぐのところにあるイオン東大阪店のスタバでゆっくり大好きなカフェモカを飲み、気分転換をしてから帰ります。
この時間があるからこそ、次の日も仕事頑張れるんですよね。そして現在妊娠中で、産休・育休を取得した後、今の職場に復帰予定です(^_-)-☆

 

なぜ私が安定した大手チェーンのアインファーマシーズを辞めて、全然タイプの違う個人経営の薬局に好条件での転職が成功したのか。

 

確かにアインファーマシーズにそのまま残っていれば、薬局の現場だけでなく、人事部や研修部など活躍の場が広がる可能性があり、産休・育休の実績・体制も整っていました。
ただ、アインファーマシーズで働いていて感じた大手ならではのもどかしさと、サービス残業の多さに耐えられなくなったのです。本当にワークライフバランスが悪いと体を壊しますよ。(ノД`)・゜・。

 

薬剤師 求人 東大阪市 分包機

まず、もどかしさの部分についてお話しします。
調剤過誤対策や新人研修はとてつもなく力を入れて取り組んでいる会社ですが、調剤機器(自動錠剤分包機等)の交換等の対応がとてつもなく遅いのです。

 

調剤機器の不具合は調剤過誤に直結するリスクがありますよね。大手ならではの手続き云々が必要だったようですが、私が勤務していた薬局では実際に交換まで半年以上かかった結果、最悪なことに調剤過誤が起こってしまいました。(◎_◎;)

 

この出来事が融通の利かない大手より個人経営の薬局のほうがいいと考えるきっかけになりました。

 

また、私が配属された店舗は外来が忙しいうえに、施設1軒約80人分の薬の調剤業務が2週間に1度ありました。
納期は処方箋を受け付けてから1週間後でしたが、粉砕、一包化、錠散一包化といった濃い処方ばかりで、かなりの業務量でした。
通常の勤務時間、残業では外来患者の薬歴を書く時間はなく、休日に薬歴を書きに行くということがスタッフ全員当たり前になっていました。

 

薬剤師 求人 東大阪市 残業

薬歴の内容に関しても本部のチェックが入り、不十分であれば指導が入るので書く内容にもかなりのボリュームを求められ、時間がかかります。なのに休日返上で薬歴を書いていることに関しては残業手当や休日出勤手当は一切つきません。むしろ閉店後に施設の調剤をしている残業なども申請しにくい雰囲気があり、実際に働いている時間の半分も残業代は計上されていませんでした。(T_T)

 

残業は申請制だったので、申請していない部分は勤務としてタイムレコーダーに記録はされていても残業は計上されません。閉店後に棚卸で夜10時以降に残業している分に関しても本部は「残業代が上がるからつけるな」と、なかなかのブラック企業でした。その薬局で勤務している薬剤師全員が疲弊していました。

 

薬剤師転職サイトに登録!

薬剤師 求人 東大阪市 転職サイト 登録

私は転職するかどうかはさておき、今の自分の置かれている状況より好条件の薬局がどれくらいあるのか知りたいと思い、転職サイトに登録しました。

 

インターネットで「薬剤師 転職」と検索して出てきたサイトと、日経DIに載っていた転職サイトです。自分のプロフィールを登録したらすぐに転職サイトの担当者から連絡が来ました。本当にどの会社も対応が早く丁寧で、私のその時の状況をよくヒアリングしてくれるなという印象でした。

 

ヒアリングの最初は愚痴聞き窓口のような感じで、思う存分不満に思っていることを吐き出しました。1時間くらいは私の今の状況を話していたのではないかなと思います。

 

そしてどの転職サイトの担当者からも、経験年数の浅い私でも今よりも好条件の薬局があることを教えていただきました。それでも転職活動に踏み切るか迷っていたのですが、「この機会に色々な会社を自分の目で見てみて、内定をもらった後にその会社に転職するか判断することもできます。実際転職活動をしてみた結果、今の会社の良さがわかり、もう少し頑張ることにしますという方もおられます。」と担当者に後押しされて、転職活動をすることにしました(^_-)

 

ここで、私が実際に登録してみて、よかった転職サイトを3つご紹介します。

 

 

おすすめ薬剤師転職サイトランキング

アプロ・ドットコム

アプロ・ドットコム

ここは、最終的に今の職場を紹介していただいた会社で、日経DIに載っていました。(^_-)

 

利用してみて、とても丁寧な転職サポートをされていました。まず登録後に担当者から電話をいただき、後日私が大阪の営業所に出向いて面談をしました。電話でお話しした転職の条件のすり合わせと、私の条件に合いそうな好条件の会社を数社紹介してくれました。

 

面接に関しては日程調整だけではなく、担当者が面接に同行して、緊張を和らげてくれました。必要に応じて面接の際に私のフォローもしてくれたので助かりました(*^-^*)

 

面接後には実際に見た会社の印象と、私の意向を確認し、先方のお返事がはっきりしないようなら私を採用する方向に推薦したりもしてくれ、とても心強かったです。面接に同行してくれる転職サイトの会社はあまり多くないと思うので、おすすめです。

 

>>アプロ・ドットコムの公式サイトはこちら

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

ここは、登録して連絡が一番早かった会社です。そしてインターネットで検索するとトップに出てきました。調剤薬局以外にも企業などの求人も結構扱っています。

 

私はメーカーや卸の管理薬剤師といったオフィスでの内勤業務にも憧れがあったので、こちらに相談し、メーカーの管理薬剤師の求人を紹介していただきました。

 

こちらは支店に出向くことなく、担当者とは主に電話とメールでのやりとりでした。実際支店に出向いてヒアリングすることもあるようですが、私の場合は最初に担当者から電話で連絡があり、転職の条件などを伝えて求人票をメールで送っていただき、確認後に担当者と電話をして応募をするか否か、その会社がどういった会社で、どういった人材を求めているのかを教えていただくという感じでした。メールでのやりとりが多めでしたが、特に問題なくスムーズでした。

 

>>マイナビ薬剤師の公式サイトはこちら

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ここもアプロドットコムと同じで日経DIに載っていた会社です。

 

やりとりはほとんどが電話でした。求人票だけメールで送っていただきました。担当者が先方の会社の社長さんや人事の方の人柄まで詳しく話してくれるので、面接の準備にとても役立ちました(^^)v

 

担当者が私との電話の際に「○○薬局の社長さんは、いつもすごくいい感じの社長さんで、私がこの間社長にお会いしたときにこんなこと言われたんですよ・・・」といった具合で、担当者の話から私も先方の人物像を読み取り、実際面接に行ったときの先方の表情や印象を確認できました。

 

また細かい給与形態や業務のボリューム感など、面接では聞きにくいことを相談すると担当者がうまく先方に聞いてくださいました。担当者の親近感、話しやすさではファルマスタッフが一番だったかなと思います。

 

>>ファルマスタッフの公式サイトはこちら

 

実際の転職活動

各転職サイトの担当者と相談し、アプロドットコムで2社、ファルマスタッフで2社面接に進むことになりました。マイナビ薬剤師ではメーカーの管理薬剤師の求人に応募しましたが、調剤薬局での経験が浅い私は面接に進むことができませんでした。(;^ω^)

 

どの会社も最初に他の転職サイトに登録して転職活動をしているかを聞かれたので、そこは素直に答えました。面接日程の調整などで混乱しないためだそうです。

 

通勤時間は短いほうが良かったので、大阪の自宅から近い東大阪市の薬局に面接に行きました。面接に行った会社の内訳は、総合病院門前が中堅チェーン薬局1社と個人経営薬局1社、地域密着型の薬局が2社の計4社です。

 

薬剤師 求人 東大阪市 調剤薬局

面接日は薬局であれば先方との調整次第で土曜日にすることも可能なようですが、たまたま私が受けた会社は土曜日は難しく、平日に面接日が調整されました。時間は昼間や夕方が多かったので、私のシフトで平日が休みにあたる日に面接日を合わせてもらいました。当時はまだ薬剤師としての経験が浅かったため、少しでも多くの処方に触れたいという思いから、総合門前薬局2社が本命でした。最終的には面接を受けた4社すべてから内定をいただくことができました。(^^)v

 

転職活動を進めるにつれて、今の会社を辞めて転職したほうが自分のワークライフバランスを良い状態に改善できると実感したので、4社の中から総合病院門前の個人経営の薬局に転職を決めました。(*^-^*)

 

本命の2社のうち個人経営の薬局に決めた理由は、中堅チェーン薬局の別の店舗には知人が勤務していたので、実際働いてみての状況を聞いてみたところ「おすすめしないし、私は転職したい!通勤時間90分圏内は転勤あるよ!今通勤に1時間以上かかってるし、残業も普通にあるよ。」と教えてもらったからです。とにかく残業という言葉に当時の私は敏感に反応してしまいましたが、結果的にはその判断は間違っていませんでした。

転職して大正解でした!

薬剤師 求人 東大阪市

実際に転職してみて、残業せずに薬歴が業務時間内に書き終わることが、こんなに体力的にも精神的にも楽なのかと感動しました。(*^▽^*)

 

門前の総合病院が予約診療のため、診察時間内はめいっぱい患者さんが来局して忙しいのですが、診察時間外の落ち着いている時間は予製をしたり薬歴を書く時間がきっちり確保されているので、どれだけ忙しくて薬歴が溜まっても2、3日中には書き終わります。スタッフ全員が閉店とともに退勤するので全くストレスがありません。

 

最初は今までの生活とあまりに違うので戸惑いましたが、今では終業後からの時間がとても楽しみになり、習い事や予定を入れて楽しんでいます。疲れたーっていう日やへこんでいる日は、薬局の最寄り駅近くのイオンにあるスタバで、大好きなカフェモカを飲んでほっとリラックスしてから帰宅すれば充電完了!また次の日から頑張れます。(^_-)-☆

 

また調剤機器が故障してしまったときの対応も1店舗しかないのでスムーズで、管理薬剤師が修理の手配をし、いざ交換が必要であっても社長の了承を得るだけなので対応が早く安心です。

 

ただ大手にあった最新設備なんてないので、調剤過誤防止のための機械を片手に調剤していたのが、自分の目で確かめながらだけの調剤に変わってしまったので、初日は不安で調剤するときに手が震えました。(;^ω^)続けていくうちにそういった調剤過誤防止のための機械を使わなくても、自分の目と知識で気を付ける薬剤師として当たり前のスキルが自然と身についたように思います。

 

会社の規模にこだわらず、自分が本当に働きやすい、続けやすい職場に転職できて本当に満足しています。

 

転職を考えている薬剤師の方へ

薬剤師 求人 東大阪市

今は総合病院への調剤報酬が低く設定されていて求人が少ないかもしれませんが、ワークライフバランスを重視する方は断然総合病院門前がおすすめです。
大手ではなく、できるだけ小規模の会社のほうがいいです。私が勤務しているような個人経営の薬局は応援(ヘルプ)なんて呼べないので、比較的人員も厚めにしているので、急病のときなどの休みは取りやすいです。(^^)/

 

またこれは私が妊娠をして、いざ産休・育休を取得するようになってわかったことですが、大手などの店舗数が多い薬局は人員配置の関係で休業前と復帰時の店舗が異なるということがしばしばあるようです。私の友人も実際そうでした。私が勤務しているような1店舗しかない個人経営の薬局では復帰時の店舗が変わらないので、それも今となってはかなり重要なメリットだと感じています。個人経営の薬局は新卒採用が見込めず中途採用がメインなので、人員確保には苦労することが多いためか、私の産休・育休後の復帰も歓迎してくれています。(*^-^*)

 

ただ、東大阪市での勤務を検討されている方にお伝えしておきたいことがあります。
それは、まず患者さんは待ち時間に厳しい方が多いです。これは本当に多いです。お叱りを受ける際もかなり激しく罵倒されることがあるので、もしメンタルの弱い方や穏やかな地域で勤務されている方が東大阪市の薬局へ転職をお考えなら、その点だけは覚悟しておかれたほうがいいと思います。(;´・ω・)

 

また東大阪市の患者層は他の地域に比べて生活保護の方や、中国人などのアジア系外国人が多いです。生活保護受給者数は、東大阪市だけで全国の受給者数の1%を占めるくらいですので。(^^;)

 

また私が面接を受けた中堅チェーン薬局は阪神調剤薬局です。今となっては大手の部類に入るのかもしれませんが、「通勤90分圏内は転勤あり」は本当です。実際面接のときにも、先方からお話がありました。通勤時間もワークライフバランスには重要なポイントなので、重視される方は気を付けたほうがいいかもしれません。

 

このサイトが転職を考えている方のお力に少しでもなれたら幸いです。ぜひ良い転職をしてくださいね(^_-)-☆